NFS共有ストレージの原則+インストールと展開

NFSの概要

NFSはNetworkFile Systemの略で、その最大の機能は、さまざまなマシンやさまざまなオペレーティングシステムがネットワークを介してファイルを相互に共有できるようにすることです。
NFSサーバーを使用すると、PCはネットワーク上のNFSサーバーによって共有されているディレクトリをローカルファイルシステムにマウントできます。ローカルシステムからは、リモートホストのディレクトリはそれ自体のディスクパーティションのようなものです。とても便利

ここに写真の説明を挿入

linux(centos7バージョン)でNFSサービスを構築する

環境を整える

1.3つのcentos7仮想マシンを準備します

192.168.27.136NFSサーバー
192.168.27.137NFSクライアント
192.168.27.138NFSクライアント
ここに写真の説明を挿入

2.ファイアウォールsetenforceをオフにします

[root@localhost ~]# systemctl stop firewalld
[root@localhost ~]# setenforce 0

nfsサービスをインストールして構成します

1.最初にサーバー(136)にインストールして構成します

[root@localhost ~]# yum -y install rpcbind nfs-utils

1.共有ディレクトリを作成し、権限を追加します

[root@localhost ~]# mkdir -p /opt/share
[root@localhost ~]# chmod  777 /opt/share/

2.エクスポートファイルを変更して、共有リソースを設定します

[root@localhost ~]# vim /etc/exports
/opt/share/ 192.168.27.0/24(rw,sync,no_root_squash)
                   网段    读写 同步 当NFS客户端以root管理员访问时,映射为NFS服务器的root管理员        

3. rpcbindnfsを順番に起動して表示します

[root@localhost ~]# systemctl start rpcbind
[root@localhost ~]# systemctl start nfs
[root@localhost ~]# showmount -e
Export list for localhost.localdomain:
/opt/share 192.168.27.0/24

2. NFSクライアントにインストール、表示、およびマウントします

[root@localhost ~]# yum -y install nfs-utils rpcbind

[root@localhost ~]# showmount -e 192.168.27.136
Export list for 192.168.27.136:
/opt/share 192.168.27.0/24
[root@localhost ~]# mount -t nfs 192.168.27.136:/opt/share /mnt/

3.テスト

1.NFSサーバーの共有ディレクトリにファイルを作成します

[root@localhost ~]# cd /opt/share/
[root@localhost share]# touch a
[root@localhost share]# ls
a

2.NFSクライアントに共有があるかどうかを確認します

[root@localhost ~]# cd /mnt/
[root@localhost mnt]# ls
a

NFSサービスが完了しました666

おすすめ

転載: blog.csdn.net/Q274948451/article/details/109109418