文字列の先頭と末尾の構造を分析します

文字列入力は、か否かを、対応する頭部と尾部を決定します。このような文字列「ABCBA」として頭と尾に対応しています。このような文字列として「+ - ** - +」、また、頭と尾に対応します。このような文字列「abcbb」としてそれは頭と尾に対応していません。

入力フォーマット:

文字列を入力します。

出力フォーマット:

対応する頭と尾、「はい」出力の出力または「いいえ」の場合

サンプル入力:

abcba
 

出力例:

yes
S1 =入力()

であれば、S1 == S1 [:: - 1]:
    印刷( 'はい') 他:
    プリント( 'NO')

  

おすすめ

転載: www.cnblogs.com/SkystarX/p/12334065.html